ドローン

ドローンの飛行ルールについて

赤坂行政書士事務所 代表の後藤理枝と申します。

お客様よりお問い合わせの多い「飛行ルール」についてお話ししたいと思います。

飛行禁止区域について

①、⑤~⑧の施設の周辺で飛行させたい場合には、施設管理者等の同意や都道府県公安委員会等への事前通報が必要となります。

詳細は警察庁HPをご覧ください。

飛行空域を問わず順守すべきルール

※上記のほか、飛行前確認、衝突予防が必要になります。

③~⑧の方法によらずに飛行させたい場合には、国土交通大臣の承認が必要です。

使用する無線機器について

技適マーク(以下)がついていない免許不要の無線機器(免許不要の無人航空機を含む)は、外国の規格に基づいているものであっても、国内では使用できず、違法使用になるおそれがありますのでご注意ください。

引用元 国土交通省

行政書士

弊事務所では、ドローンの許可申請も行っております。

お気軽にお問合せください。

☆お問合せはこちらをクリック☆

-ドローン
-,