ドローン

ドローン等の許可・申請について

赤坂行政書士事務所 代表の後藤理枝と申します。

国土交通大臣の許可・承認の申請

無人航空機を空港周辺、高さ150m以上の上空、人家の密集地域の上空で飛行させようとする場合や「飛行の方法」によらない方法で飛行させようとする場合、飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日等を除く。)までに、国土交通省へ申請が必要です。

※申請に不備があった場合には、審査に時間を要する場合もあるため、期間に相当の余裕をもって申請してください。

人家の密集地域

その上空で無人航空機を飛行させることが原則禁止されている人家の密集地域とは、具体的には、国勢調査の結果による人口集中地区(DID)となります。

人口集中地区の詳細については、「人口集中地区全国図」をご参考に、国土交通省 航空局HPを通じてご確認ください。

事前通報について

ドローン等(Ⅳを参照。)を国の重要施設等や防衛関係施設、原子力事業所、空港周辺で飛行させようとする場合の施設毎の連絡先等の詳細は、次のサイトをご確認ください。
https://www.npa.go.jp/bureau/security/kogatamujinki/index.html

「ドローン等」と「無人航空機」

「ドローン等」とは、飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるものです。

EX.ドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター

「無人航空機」とは、ドローン等のうち、200g以上の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものをいいます。

引用元 国土交通省

行政書士

弊事務所では、ドローンの許可申請も行っております。

お気軽にお問合せください。


☆お問合せはこちらをクリック☆

-ドローン
-