ドローン

航空局標準マニュアル改正(事故等報告時の連絡先変更)

許認可業務の拠点集約に伴い、本日、令和3年10月1日以降、ドローン等を空港・ヘリポート周辺や高度150m以上、緊急用務空域(当該空域が指定された場合)で飛行させる方は、申請手続き・事故等報告先が変更となります。
これに伴い、各種航空局標準マニュアルを改正しておりますのでご注意をお願い致します。

飛行場所を特定した申請で利用可能な航空局標準マニュアル: 航空局標準マニュアル01

飛行場所を特定しない申請のうち、

以下の飛行でのみ利用可能な航空局標準マニュアル: 航空局標準マニュアル02  □人口集中地区上空の飛行 
  □夜間飛行 
  □目視外飛行
 (※「人口集中地区上空での夜間飛行」「人口集中地区上空での目視外飛行」「夜間の目視外飛行」は、航空局標準マニュアル02を使用できません
  □人又は物件から30m以上の距離を確保できない飛行
  □危険物輸送又は物件投下を行う飛行

農用地等における無人航空機による空中からの農薬、肥料、種子又は融雪剤等の散布(空中散布)を目的とした航空局標準マニュアル: 航空局標準マニュアル(空中散布)

無人航空機の機体及び操縦装置の研究開発のための試験飛行を目的とした航空局標準マニュアル: 航空局標準マニュアル(研究開発)

無人航空機によるインフラ点検飛行を目的とした航空局標準マニュアル: 航空局標準マニュアル01(インフラ点検・プラント保守)航空局標準マニュアル02(インフラ点検)

各航空局標準マニュアル新旧対照: 各航空局標準マニュアル新旧対照

飛行申請提出先一覧: 飛行申請提出先一覧

事故等報告先一覧: 事故等報告先一覧

引用元 国土交通省

☆お問合せはこちらをクリック☆

-ドローン
-, ,