その他 全記事一覧 資格試験

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格試験について

赤坂行政書士事務所 代表の後藤理枝と申します。

本日は、FP(ファイナンシャルプランナー)についてお話したいと思います。

ファイナンシャルプランニング

人生の夢目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

暮らしとお金に関する相談

FPは、相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。

そして、相談者の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。

また、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながらファイナンシャル・プランニングを行います。

FPの知識を使う

FPの知識はすべての人にとって「生きる力」となりうるもの。日頃のくらしの中でも、教育資金やマイホーム、老後のための貯蓄がしっかりできる家計管理や、目標を見据えた資産運用につながったりする知識です。また、FPが身につける保険や年金、貯蓄や運用などの知識があるかないかは、人生において大きな差となっていくはずです。

ポイント

私は2・3級それぞれ、約2週間の勉強で合格しました。お金の動き等がわかりやすく勉強することができ、今の業務でもとても役にたっています☆

行政書士

私が利用したおすすめの教材は以下のものです☆初心者にもわかりやすいので、とてもおススメです☆

☆お問合せはこちらをクリック☆

-その他, 全記事一覧, 資格試験
-, , ,

© 2021 赤坂行政書士事務所