福岡県補助金

【福岡市中小企業等デジタルトランスフォーメーション促進モデル事業補助金】4月1日募集開始

福岡市限定の補助金ですが、「福岡市中小企業等デジタルトランスフォーメーション促進モデル事業補助金」の募集が4月1日からスタートしています。

目的

この事業は、コロナ禍において市内中小企業等がデジタル技術を用いて経営基盤強化、ニューノーマルな社会に対応した事業再構築を進めるため、市内中小企業等のモデルケースとなりうるデジタルトランスフォーメーション化(以下、DX化)の取組みについて必要な経費の一部を補助し、具体的取組事例の情報発信を行うことで、広く市内中小企業等のDX化を促進することを目的とします。

補助対象者

(1)補助事業の対象者は、DX化の取組みを行う事業者であって、次の各号のすべてに該当するものとします。
①福岡市内に本店を置く中小企業・小規模事業者等(個人事業主を含む)。
②具体的取組内容について、福岡市の指定するイベント等にて進捗及び成果の報告が可能なこと。
③市税に係る徴収金(市税及び延滞金等)を滞納していないこと。ただし市税の徴収猶予の特例制度等の対象は除く。
④暴力団非該当、暴力団と密接な関係を有する者でないこと。
※本事業における中小企業・小規模事業者等の詳細については、「14.参考(中小企業・小規模事業者等)」をご参照ください。

補助対象事業

補助対象となるDX化の取組みは、次の各号のすべてに該当する事業とします。
①データやデジタル技術の活用によりDX化に取り組むもの。
②顧客や社会のニーズを基に、自社の既存のサービスや製品、ビジネスモデルを変革または新たに創出するもの。
③業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土の変革し、競争上の優位性の確立を目指すもの。
④概ね3年以内に上記①~③の全てが達成できるもの。ただし、補助象期間内に実装され、一定の効果が測れるもの。
⑤福岡市内に本店を置くDX推進企業(※)と共同で事業計画を策定の上、取組む事業であること。なお複数の
DX推進企業と共同で事業計画を策定する場合は、少なくとも1社が福岡市内に本店を置く企業であること。なお、補助助事業の採択後、本事業の採択者は補助対象事業の遂行にあたり、可能な限り事務局による進行管理や助言等を受けながら補助事業を実施すること。
※DX推進企業とは…中小企業等のDX化を推進する技術やサービスを持つ企業をいいます。

補助対象期間

令和3年3月 22 日から令和4年3月 10 日まで

補助対象経費・補助率・補助上限

注意:国、地方公共団体(本市を含む。)その他のこれらに準ずる団体より、他の補助金、助成金制度において交付を受けている経費については、本補助対象経費から除外します(例︓同じ機器の二重申請は不可)。

引用元   福岡市 募集要項

行政書士

無料相談も承っておりますのでご質問等ございましたら、お問い合わせフォームもしく公式ラインよりお問い合わせください。(24時間以内にお返事いたします)

☆お問合せはこちらをクリック☆

-福岡県補助金
-

© 2021 赤坂行政書士事務所