事業再構築補助金

事業再構築補助金【業種転換について】

今回は事業再構築補助金の定義の一つである【業種転換】に絞って、お話していきたいと思います。

業種転換の定義

「業種転換」とは中小企業等が新たな製品を製造することにより、主たる業種(※1)を変更することを指します。

(※1)直近決算期における売上高構成比率の最も高い事業が属する、総務省が定める日本標準産業分類に基づく大分類の産業

「業種転換」に該当するためには、

①「製品等の新規性要件」→新たな製品等を製造等する必要(=新分野展開と同じ)

②「市場の新規性要件」→新たな市場に進出する必要(=新分野展開と同じ)

③「売上高構成比要件」→3~5年間の事業計画期間終了後、新たな製品の属する業種が、売上高構成比の最も高い業種となる計画を策定することが必要

の3つを全て満たす(=事業計画において示す)必要があります。

業種転換のOK例

行政書士

無料相談も承っておりますのでご質問等ございましたら、お問い合わせフォームもしくは、公式ラインよりお問い合わせください。

(24時間以内にお返事いたします)

☆お問合せはこちらをクリック☆

-事業再構築補助金
-

© 2021 赤坂行政書士事務所